2010年8月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)
昨日の夕方、鳥取市内はとても久しぶりに雨らしい雨が降りました。
何日ぶりかは正確にはわかりませんが、梅雨明けからずっと晴れていたように思います。

しっかり降っていたのは20~30分くらいだったでしょうか。
空が夜のように暗くなり、雷も鳴りました。
草や木、土が、ジュッと言っているような感じで、水溜りがほとんどできないくらいあっという間に浸み込んでしまいました。

少しは涼しくなるかと思いましたが、今日も暑そうです。(T)

心地良い場所

| コメント(0) | トラックバック(0)
まだまだ暑いですが、夜になると鈴虫の声が聞かれるようになりました。
真夏のような気温が続いていても、季節はちゃんと変わりつつあるようですね。

ところで、私の家にはネコがいますが、いつも家中で一番心地良い場所を探してくつろいでいるのに感心させられます。
昼間は廊下の一番風通しの良いところの床。人の高さではあまり差が無いのですが、しゃがんでみてわかる心地良さでした。
夕方リビングにエアコンを入れると、ちょうどその風が当たるテーブルの上。行儀が悪いとどかされると、その次に風が来る辺りの床に寝そべります。

冬場は日の当たるところを選んで転々としていました。先代のネコもそうでした。
ネコは一年中、毎日が日曜日。時々ちょっとうらやましいです。(T)

でも、好きなときに散歩に行けないんだけどにゃ~。
100320_1038~01.JPG


こんにちは。毎日暑いですね。

このところ「暑いですね」のほうが、あいさつで沢山使っているかもしれません。
それくらい今年の夏は本当に暑いです。

以前も書きましたが、今年は熱中症になる方が大変多いそうです。
そのなかには「電気代がかかるから」とエアコンを使うのを控えていたために熱中症になってしまった方もあったそうです。
確かに電気代も気になりますよね。

帰宅時に家の中が大変暑くなっていて、エアコンをつけても中々冷えないことがあります。
そんなときは窓を二箇所以上開けて風の通り道を作り、十分換気してからエアコンをつけるとよいようです。
また、台所の換気扇をつけて、反対側の窓を開けるのも効果的です。
すだれや遮光性の高いカーテンをつけるなどして家の中が暑くならないようにしておくのも良いですね。

電気代が節約できて人にも環境にもやさしく...一石三鳥ですね。
でも、もうそろそろ涼しくなって欲しいものです。(T)

メールに不具合があったようです。

エラー表示等が出てメールが送れない場合は、すみませんが下記のアドレスへお願いいたします。

ご購入やお問い合わせのメールを下さった方で弊社からの返信がない方も、下記アドレスへ送り直して下さい。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。(T


 

torikou@hal.ne.jp

44ページの「指定居宅介護支援事業所ふたば」様、「老人保健施設ふたば」様の電話番号は
(0857)23-1830です。
ご迷惑をおかけしてどうもすみません。
お手元に「介護ガイドAi vol.5」のある方は修正をよろしくお願いします。(T)


夏バテ対策

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。今年の夏は本当に暑いですね。

こんなに暑いと食欲も落ちますし、食事を作るのも熱を使うので億劫になり、ついついそうめんや冷奴などさっぱりしたもので簡単に済ませてしまいたくなりますね。

でも、栄養が不足したり偏ったりすると体力が落ち、ますます食欲がなくなってしまいます。

そんなときはぜひ、薬味をたっぷりと添えてみて下さい。
大根おろしには消化を助ける働き、生姜には体を温める働きがあり、パセリや青ジソにはビタミンAやCが沢山含まれています。薬味は香りや彩りで食欲が増すだけではなく、夏で疲れた元気にしてくれます。

しっかりと食べて、今日も健やかにお過ごし下さい。

お詫びと訂正

| コメント(0) | トラックバック(0)
「介護ガイドAi vol.5」の掲載内容に誤りがありましたので、お知らせします。

39ページ掲載、「アースサポート株式会社鳥取在宅サービスセンター」様の介護保険サービス内容は「訪問介護」と「訪問入浴」です。 

85ページ掲載、「石田内科・循環器科医院」様の電話番号は「(0859)29-4343」です。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

掲載内容には間違いがないように努めておりますが、情報は生き物でもあり中々完璧にはいかない部分もあります。
もし、間違いにお気づきの場合は弊社までお知らせいただけると幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。(T)
こんにちは。介護ガイドAiのホームページをご覧頂きありがとうございます。

さて、5号から新しくなった点についてですが、ホームページができ、デジタルブックで誌面を公開したことも大きな変化です。
貴重な情報をできるだけ多くの方に役立てて欲しいとの思いからこの形式になりました。

誌面のほとんどがウェブで読めるのなら、本は必要なくなるのでは?というご意見もあるかと思いますが、気軽に持ち歩いたり書き込んだり、本ならではの良い点もあるので、両立もアリだと思います。

ということで、ご購入をご希望の方は「ご購入・お問合せ」のページからよろしくお願いいたします。(笑) (T)